〒648-0073 和歌山県橋本市市脇5-4-23

眼科:0736-32-9358形成外科:0736-39-1159

橋本市の眼科・形成外科|トメモリ眼科・形成外科

トップページドクター紹介当院紹介診療時間・地図

検査機器

受付予約案内
眼科 問診票ダウンロード
先進医療実施施設
白内障ってどんな病気?白内障手術ってどんな治療?
提携ホテル
橋本オプチカル
 
講演活動
トップページ»  検査機器

眼科設備

医療機器

オートレフケラト/トノメーター

1つの装置で屈折度、角膜カープ、眼圧の3つの検査ができます。
これまでの、2台の検査装置の間を移動していただくご面倒を解消致しました為、患者様にとっての負担が軽減致しました。

 
スペキュラー

スペキュラー

角膜内皮細胞(黒目の内側の細胞)を調べる機器です。
角膜内皮細胞をデジタル画像として撮影し細胞密度の測定を行い、その変化を観察します。
それにより、細胞の大きさや形で黒目の傷み具合がわかります。
他の検査機器では捉えられない傷みがわかるので、白内障などの手術前後にはこの機器での検査は必要となります。

 
ハンフリー自動視野計

ハンフリー自動視野計

視野(見える範囲)の検査をします。
自動視野計はコンピューターによってプログラミングされた視野内地点の感度を計測でき、コンピューター化によって検者の技術に左右されないという客観性があり、長期にわたる経過観察に優れます。
さらにゴールドマン視野計では現れない様な微妙な感度低下も検出可能です。緑内障や視野経疾患の初期の病変の検出や視野欠損の進行具合を検査します。

 
光干渉断層計(OCT)

光干渉断層計(OCT)

眼底観察、解析機器で、往来では診断が困難であった疾患の診断精度が向上し、治療前後で評価がより詳細に行える検査機器です。
眼底病変をCTやMRIのような断層画像データとして表示でき、病気に対する理解をより深めて頂くことが可能となります。
緑内障、黄斑変性などの早期発見、経過観察に非常に有効な高機能解析がついた最新機種を導入しました。

 
YAGレーザー

YAGレーザー

後発白内障の治療に使われるレーザーを当てる機器です。
ヤグレーザーという光線で後発白内障に一瞬のバルス光を当てることで白濁した水晶体嚢の中心を破り、光の通り道を作って濁った後嚢を破って濁りを飛ばします。
これを数回連続して行い、いったん下がった視力はまた後嚢が濁る前の白内障手術直後に示した程度の良い視力に戻ります。

 
IOLマスター

IOLマスター

白内障手術時に必要な眼軸長(目の長さ)を測定し、緑眼レンズの度数を決める機器です。
弱いレーザー光で眼球の長さを計測できるため手術を受けられるその人に合った度数が短時間に測定でき、しかも最も信頼できる値を知ることができます。

 
医療機器

PASCAL Streamline

PASCAL Streamlineは、共同研究によりスタンフォード大学で開発され,独占使用権を得ているPASCAL独自の”PrecisionSpotTM レーザ照射”技術を搭載しています。
高速ガルバノミラーテクノロジーをはじめ、パターンスキャンを行うための画期的かつ理想的な技術の採用により、患者さんの疼痛を軽減、また短時間に多数のスポット照射が行えるため治療時間の短縮が図れます。
さらに短い照射パルス幅でも安定したパワーで照射することにより均一な凝固斑を可能にしています。
PASCAL Streamlineはまさにパターンスキャンのために生まれたレーザ装置、それは術者、患者さん双方の負担を減らし、かつ安定した光凝固を実現した画期的な眼科レーザ装置です。

詳しくはこちら>>

 
医療機器

ウェーブ フロントアナライザー
KR-1W

トプコンウェーブフロントアナライザーKR-1W は、従来のレフラクトメータ/ ケラトメータに加え、ハルトマン- シャックセンサーにより得られる眼球収差情報と、トポグラファーの機能より得られる角膜収差情報により、角膜疾患、初期白内障の患者様の他覚的な見え方の評価、眼内レンズ選択時のサポート、明所・暗所での瞳孔径解析などに有用なデータをご提供する多機能型屈折検眼装置です。
眼の見え方に関してさまざまな角度から解析を行うことで、日々進化する先端眼科診療のニーズに対応いたします。

詳しくはこちら>>

 
眼底カメラ

散瞳・無散瞳一体型眼底カメラ

血管の状態を直接観察できる唯一の場所が眼底になります。眼底からは眼の病気だけでなく、血管の状態から多くの病気を発見することができます。
眼底カメラは最新の1,200万画素・解像度の高い画像を撮影できますVX20になります。
撮影した画像は診察室の液晶モニターでみることができ、この画像を患者様にみていただくことで、わかりやすく説明をすることができます。

詳しくはこちら>>

 
医療機器

A/Bモード

Aモードは眼軸長測定白内障手術の術前検査として用いることが多いです。
ブローブと呼ばれるペン状の器具の先端を角膜表面にそっと当てる程度で、負担は少なくてすみます。
Bモードは、眼底観察が困難な場合の眼球内の観察に用います。
また、眼底部の詳細な観察に有効で、閉塞隅角緑内障の病態解析にも用いられます。

 

自動視野計 アイモ

当院は、自動視野計「アイモ」を導入致しました。

アイモ
アイモ
アイモ

「アイモ」は

  • 明るいお部屋で、日常生活に近いリラックスした状態で測定することができます。
  • 両眼の視野検査(世界初)ができ、眼の動きを監視する「トラッキング」という高機能(世界初)を備えおります。
  • 初期緑内障の早期発見に役立てることができる新プログラム(世界初)も搭載しています。

患者様の負担を少なく、正確で迅速な検査を行って頂くことができます。



左眼右眼

実際に見えている画面
 
  • 新しい自動視野計「アイモ」を最大限活用し、ご来院される患者様にご満足頂ける検査を心がけて参ります。
  • なお当院は世界初の視野検査により、今までにない視機能の研究に参加して参ります。

前眼部OCT CASIA2

「CASIA2」は

  • 非接触で目の表面(角膜)から内面(水晶体)までを、3次元撮影が可能な最新式の検査装置です。
  • 従来の検査装置では観察が困難な混濁症例の場合でも、撮影および観察が可能であるため病態の診断精度が向上しました。
  • 白内障術前後の検査、角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患の検査、閉塞隅角など緑内障検査に威力を発揮します。
  • 患者様の負担を少なく、適切な治療方針のご提供をさせていただくことが可能です。

  1. 角膜形状解析
    ■フーリエ解析は Asymmetry(非対称成分)やHigher Order irregularity(高次不正乱視成分)は眼鏡やトーリック眼内レンズでは矯正できない角膜不正乱視です。矯正視力の低い原因が把握できるだけではなく、白内障術前のプレミアム眼内レンズの適応の判断にも有用です。
    角膜形状解析
  2. 白内障術後の角膜形状、隅角、IOLの観察
    ■CASIA2の白内障術後検査では、手術による角膜形状変化や切開位置の角膜厚み、術前の水晶体の傾きに対するIOL挿入後の傾きの評価、さらに術前に狭隅角患者様の場合にはIOL挿入による隅角の開大度を評価でき、術後結果を視覚的に理解できます。
    白内障術後の角膜形状、隅角、IOLの観察
  3. 隅角詳細検査
    ■閉塞隅角緑内障や開放隅角緑内障の検査では、OCT像による観察診断だけではなく、隅角開大度(AOD)や隅角角度(TIA)、水晶体膨隆度(LV)等による数値での評価が可能です。
    隅角詳細検査
pagetop

COPYRIGHT(C)Tomemori Ophthalmology&Plastic surgery. all rights reserved.