〒648-0073 和歌山県橋本市市脇5-4-23

眼科:0736-32-9358形成外科:0736-39-1159

橋本市の眼科・形成外科|トメモリ眼科・形成外科

トップページドクター紹介当院紹介診療時間・地図

網膜硝子体手術

受付予約案内
眼科 問診票ダウンロード
先進医療実施施設
白内障ってどんな病気?白内障手術ってどんな治療?
提携ホテル
橋本オプチカル
 
講演活動
関連記事
トップページ»  網膜硝子体手術

網膜硝子体手術について

※当院の日帰り硝子体手術は新医院開院後の平成19年1月から行なっています。

硝子体とは

硝子体とは眼球の内腔をうめる透明なゼリー状の組織のことです。この組織が網膜を牽引したり、炎症を持続させたり、混濁や出血を含み網膜へ光が達する邪魔をします。
硝子体手術は混濁した硝子体や増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去し、疾患が進行する場や網膜への牽引を除去することで、網膜下病変に対する手術まで行われています。また当院は無縫合で行なう小切開硝子体手術を行ない、通常よりも早く日常生活に戻れます。

【主な症状】
・黄斑部疾患(黄斑円孔、黄斑前膜、嚢胞様黄斑浮腫)
・網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症。
・眼内炎、硝子体出血、硝子体混濁増殖性硝子体網膜症、糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜剥離 ・網膜剥離

硝子体手術の流れ

白目の部分に小さな孔を3ヵ所あけ、治療器具を入れます。

眼内のゼリー状の硝子体を細かく切りながら吸収し、次に必要に応じて治療器具を入れ換え切除します。
硝子体出血や硝子体混濁は光軸部の混濁が除去されれば視力が改善します。

眼内炎も早期に感染源を取り除き、抗生剤、抗菌剤による洗浄によって視力を救う事が出来ます。

当院では硝子体手術も日帰り手術にて行っております。
入院をご希望の方はご相談ください。

コンステレーション(CONSTELLATION)
コンステレーション(CONSTELLATION

コンステレーション
(CONSTELLATION)

白内障・硝子体手術を同時に行う事のできる最新の手術装置で和歌山県下でいち早く導入致しました。
硝子体手術では通常眼球を3ヶ所切開します。そして眼球内の硝子体というゼリー状の組織を取り除く事をこの装置で行います。
従来は1分間に2500回転で細かく切りながら吸引しておりましたが、コンステレーションでは従来の2倍の1分間に5000回転でさらに細かく吸引できるようになり 網膜の牽引を減少させ、より安全に硝子体手術を行う事が可能になりました。
現在、眼球への切開は非常に小さく25ゲージ(約0.5㎜)程で、その為術後の回復が早く患者様の体への負担を軽減でき日帰りでの手術も行う事ができます。
この装置では今後、今よりも高速な1分間で7500回転での硝子体切除やさらに小さい切開の27ゲージ(約0.4㎜)での手術も可能になり 当院でもそれらの最新の手術を行う予定にしております。

pagetop

COPYRIGHT(C)Tomemori Ophthalmology&Plastic surgery. all rights reserved.